« monゲスト参加への道 -曽口十土の場合- | メイン | mon 4号、動いてます »

2013年11月10日 (日)

第十七回文学フリマ(東京)参加報告by曽口十土

初体験、っていいものですね。

気恥ずかしさがあって、体が熱くなるような衝動があって、でも手足は震えるようで。

「自分の姿はどう見えているだろう」なんて変に気になったりして。

 

 

何の話かっていうと、「第十七回文学フリマ」なんですが。

同人誌即売会にブース出展するのが、初めてのことなのでした。

いやっほぉぉ! これで曽口も完全無欠のオタクだぜ~!

恥ずかしいからリアル知人には完全秘匿で通しているけどな!

当日は朝6時起床で7時40分発の飛行機に乗り、9時半に会場に着きました。

(ちなみに就寝は4時。とくに用事があったわけではない。興奮ぶりがよく分かる)

え? 出展者開場が10時なのに、30分も早く着いて何をするつもりかって?

やだ~~、曽口がそんな細かい調べ物していくはずがないじゃないですか。

なんにも考えず、朝飯も食わずに空港からダッシュですよ。

・・・・・・しょうがないから、閉まった扉の前で缶コーヒー飲んで時間を潰しました。

10時少し前に開場。さっそく場内になだれ込みましたが、

売り物はmon1~3号の三種類で、スペースは机半間と知れています。

追って到着した原田氏(同じく3号のゲスト作家)と準備を開始して、

10時半にはブースを整え終わりました。

11時に文学フリマがスタートしました。

午前中は小雨が降っていたためか、 若干客足が鈍かったですが、

午後からはお客さんもぐんと増えたように感じました。

さて、小説同人誌monは大阪文学学校卒業生(であってる?)を同人メンバーに

創刊した同人誌で、作家も近畿在住の方ばかりです。そのため活動の拠点は大阪にあり、

今回の文学フリマでは、同人メンバーは都合がつかず、

3号にゲスト参加した2人が売り子をすることになりました。

というかむしろ、わたしがゲスト参加の分際で文学フリマに異常にはしゃいでいて、

それに無理矢理巻き込まれたのが原田氏だったという、なかなか迷惑な構図でした。

(原田さん、ありがとうございますorz 主宰、わがまま言ってすいませんorz)

また、文フリ初参加にも関わらず、曽口を訪ねて

ブースに来てくださる方もいらっしゃいました。

投稿サイトでアップしたお話を気に入っていただいたようで。ありがたいことです。

おかげさまでmonは1~3号あわせて17部売れました。

主宰に言わせると、「アウェイでこれだけ売れたら成功」だそうです。

なかでも2号がよく売れていたように感じたのは、やはり「ナナフシ効果」でしょうか。

 

今回の文学フリマでわたしが購入したのは、

文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド

 (文学フリマ非公式ガイドブック様)

新刊 ! DAISY CHAIN

 (DAISY CHAIN 製作委員会様)

つきのこ

 (象印社様)

Finder

 (菓子金粉様)

さんた・るちやによる十三秒間の福音

 (史文庫様)

受取拒絶

 (西瓜鯨油社様)

忍嚆矢

 (大坂文庫様)

ねことしあわせ

 (StrayCat様・宝来文庫様で購入)

天海のキセキ Remix

 (創作同盟くりめいと様)

御時花詩

 (はるしねーしょん様)

さながら元素のように僕らは出会った・そのたま・耳と尻尾の狭間にて

 (犬吠埼一介様)

以上の作品です。各サークルのみなさま、ありがとうございました。

今日までに何冊か読ませていただいていますが、どれも力作揃いでした。

また読み終わったものから順に、ツイッターで感想をつぶやいていこうと思います。

 

 

 

トラックバック=http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20131104

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/586249/31946341

第十七回文学フリマ(東京)参加報告by曽口十土を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿